本文へスキップ

住み替え時にトランクルームを一時保管で使用すると便利

建て替え時の一時保管としてトランクルームを活用

旧居から新居に建て替える場合の大半は、仮住まいをすることになります。
この場合には、旧居から運び出した荷物の置き場所が問題です。
実家など荷物を預かってくれるところがあれば良いですが、もし荷物の置き場が無ければ困ってしまいます。

このような時に役立つのがトランクルームです。
物置として活用できますから、新居が完成するまで不要な家具や荷物を保管できます。
料金も月額5000円程度から探せますので、間取りの広い仮住まいを借りるよりも経済的です。

注意点としては、トランクルームの設備や環境によって保管できない荷物があることです。
例えば湿気に弱い家電製品などは、トランクルームの保管に向いていません。
防犯設備が整っていないトランクルームもありますので、あまり高価な物を保管しないようにしましょう。

建て替えまでの短い間であれば、仮住まいの家賃を抑えるためにもトランクルームの併用がオススメです。


狭い間取りへ住み替えした際に活用

一戸建てからマンションへと住み替えた人が、トランクルームを活用するケースが増えているそうです。
マンションだと一戸建てほど収納スペースや間取りが広くありませんから、荷物の置き場所も限られてしまいます。
そのため、新居に収まるように荷物を処分することが普通ですが、なかには捨てられない物ばかりで置き場所を何とか確保したいという人も少なくありません。

そのような人に向いているのが、自由に荷物を保管できるトランクルームです。
なかにはトランクルームを書庫代わりに使っている人もいるそうで、利用者それぞれのフリースペースともなっています。
貴重品の保管には向いていませんが、捨てられない物の保管場所としては最適です。
ビルインタイプなど環境の整ったトランクルームであれば、趣味の物のコレクションルームとしても活用できます。

自分にとって大事な物を住み替えを機に泣く泣く処分する前に、トランクルームを検討してみてはいかがでしょうか。