本文へスキップ

トランクルーム利用時のメリットとデメリットについて

トランクルームのメリット

トランクルーム最大のメリットは、気兼ねなく荷物を保管しておけることです。
例えば自分には大事な物でも、家族にとっては邪魔なゴミ同然という物も少なくありません。
私の場合は実家から送り返された、本や雑誌が入ったダンボールの扱いに困っていました。
このような置き場所に困ってしまう物でも、トランクルームに保管しておけば万事解決です。

また、シーズンオフには使わない物なども、置き場所に困ってしまいます。
スキーやスタッドレスタイヤなどシーズンごとに処分するわけにはいかず、かと言って置き場所も無いという物ばかりです。
トランクルームがあればシーズンオフにしまっておき、次のシーズンに取り出して使えて便利です。

手軽な契約で済むこともトランクルームのメリットです。
別に後ろめたいことはありませんが、個人情報を細かく書くような面倒さがありません。
必要な身分証も免許証や保険証で充分ですので、事前に用意する手間も省けます。
トランクルームによっては保証人制度が取り入れられていますが、どちらかというと保証人が必要なところは少数派です。
基本的には身分証と印鑑さえあれば、トランクルームの契約は済ませられます。

他にも24時間出し入れ自由なことや、手ごろな利用料金もトランクルームのメリットです。
置き場所に困る荷物があるなら、トランクルームを検討してみると良いでしょう。


トランクルームのデメリット

使い勝手の良いトランクルームですが、少なからずデメリットもあります。
まず、利用料金が毎月一定額掛かることです。
1ヵ月あたりの利用料金は安価でも、長い期間積もれば結構な金額になってしまいます。
場合によってはもっと広い間取りの家を借りた方が得だった、ということにもなりかねません。
そのため、トランクルームを使うならある程度短期間に留めておいて、新居までの繋ぎに考えておく方が無難です。

また、屋外設置型のトランクルームでは防犯設備に不安を残してしまいます。
屋外設置型は特に管理人が常駐しているわけでもなく、防犯設備が充実しているわけでもありません。
したがって、貴重品や高価な物を保管することには不向きです。
もし防犯設備を優先したいのであれば、多少利用料金は高くなりますがビルインタイプのトランクルームが良いでしょう。

トランクルーム自体は便利な施設ですが、デメリットも存在することに注意が必要です。
自分のニーズとトランクルームの設備が一致しているかどうか、利用前に確認しておきましょう。